サービス移行案内 特設ページはこちら

お知らせ

南丹市議会 園部高校生との意見交流会 若い感性でまちづくりを語りあう

7月20日、南丹市議会の議員と園部高校の生徒との意見交流会が開かれました。

これからのまちづくりを、自分事として考えられる世代の高校生と意見を交わし、議会に興味を持ってもらえる機会にしようと、南丹市議会 広報公聴委員会が初めて企画したものです。

議員8人と、園部高校1・2年生8人が4つの班に分かれ、南丹市のいいところ、改善したいところなどを話し合いました。

高校生からは、南丹市は自然が豊か、歴史深いところが魅力。バスや電車の本数が少なく、通学に不便などの意見があり、また議員は、議員活動にかける思いを述べる場面もありました。

続いて、本会議場に場所を移し、こんな町にしたいというアイデアを提案しました。

サイクリストを保護し、観光の町として発展させるアイデアや、子どもや学生が過ごせる交流スペースの設置、ごみのポイ捨て禁止などの提案があり、特に、若い世代が政治や選挙に興味を持てるように、市議会に高校生枠を取り入れるアイデアには、賛同する声も聞かれました。

若い感性で語られる街づくりの視点に、思いを共有する有意義なひと時となりました。