サービス移行案内 特設ページはこちら

お知らせ

南丹市立文化博物館 夏季特別展 園部の垣内古墳 発掘50年を振り返る

現在、南丹市立文化博物館で夏季特別展 園部垣内(かいち)古墳が開催されています。
発掘50年の節目に、貴重な宝である垣内古墳の魅力に、改めて触れてほしいと開かれたものです。
垣内古墳は、全長84メートルの前方後円墳で、4世紀後半の前期古墳では、口丹波地域最大規模を誇ります。園部町内林町の府道拡張工事の際に偶然発見され、副葬品として出土した、仏の姿が描かれた全国でも珍しい三角縁仏獣鏡をはじめ、翡翠でできた美しい勾玉、鉄製の武器や武具などは、一括して国の重要文化財に指定されています。
展示会では、新聞記事や発掘調査中の写真、映像なども公開されており、古墳ブームに沸く当時の町の様子を感じることができます。
また今回、同時開催として、八木町出身の画家、麻田 浩絵画展も開かれています。日本画家の麻田辨自を父に、麻田鷹司を兄に持つ、麻田 浩の初期から晩年までの作品を一堂に集めています。
会期は、両展示会とも10月10日までです。