お知らせ

令和4年度南丹市女性会総会・記念講演会  「新型コロナウイルス感染症と人権」

4月23日、アスエルそのべで南丹市女性会の総会が開かれました。

総会では、昨年度の事業報告、決算報告が行われたあと、令和4年度事業計画や役員が承認されました。昨年に引き続き、南丹市女性会会長に選ばれた西田節子さんは、「少しずつ行事が開催できて、集うことの喜びを感じている。令和4年度も一つずつ行事活動をしていきたい。」と挨拶しました。

総会のあとには、講演会が行われ「新型コロナウイルス感染症と人権」と題して、南丹市市民部人権政策課課長西岡龍助さんが講演を行いました。

新型コロナウイルスは感染の拡大だけではなく、不安や恐れから感染者や医療従事者らへのいわれなき差別といった点でも深刻さを増しています。

西岡さんは「コロナウイルスを恐れるあまり、人を思いやるという当たり前のことが失われている。恐れるべきはウイルスであり、人ではない。コロナ差別を無くすには、互いを思いやる社会作りが必要。」と話し、会員らは人権に対する意識を深めました。