サービス移行案内 特設ページはこちら

お知らせ

胡麻郷小学校4年生 地域の人に見守られ 元気いっぱい田植えに挑戦

5月24日、胡麻郷小学校の4年生が田植えに挑戦しました。コロナ禍で3年ぶりの田植え。地域で農業を営む塩貝正和さんから指導を受け、全員で息を合わせ、一列で下がりながら植えていきます。

2、3年生がどろんこ教室として、自然の中での遊びを体験した後、4年生が田植えから稲刈りまでの、農業の一連を学びます。学校運営協議会や地域の人たちがサポートにまわり、10アールの田んぼがみるみると植わっていきました。

休憩中には、「収穫までどれくらいの期間が必要か」や水の管理や土づくりについてなど、質問する場面もありました。

秋の収穫後は、給食で味わうことになっています。