サービス移行案内 特設ページはこちら

お知らせ

京都中部総合医療センター看護専門学校 地域に寄り添う看護師を目指して

八木町にある、京都中部総合医療センター看護専門学校で、5月26日、地域との交流会が行われました。

地域の人たちで作る南地区大堰塾とのコラボレーションで、一年を通して交流事業を展開するもので、今回は2年生が血圧測定や血管年齢測定、足や手のマッサージ、昔の遊びコーナーなどで、地域のおよそ30人と交流しました。

看護師を目指す学生から、健康についての相談や指導をしてもらったり、楽しい会話を通して、地域の人たちに自然と笑顔がこぼれました。

地域の人たちで構成する「八木町紙芝居一座」のお話も楽しみ、ゆったりとした時間が流れました。 

学生たちは、交流を通して地域を知り、地域に寄り添った看護師を目指していきます。