お知らせ

旬感!野道かんさつ塾 親子で発見 自然の不思議

6月11日、京都丹波高原国定公園ビジターセンターで、旬感!野道かんさつ塾が行われ、親子20人が参加しました。

塾長の岡 優香さんから「同じ場所にある植物を、季節を追って観察します。ゾーンや色に気を付けて集めてみましょう」と説明を受け、参加者は早速フィールドワークに出かけました。

ビジターセンター周辺の田んぼの畦道や河原などを歩きながら、どんな色の植物があるか、何種類あるか、目を凝らしながら採取していきます。

特別講師で、京都大学フィールド科学教育研究センターの赤石大輔さんから、花の説明なども聞きながら、季節の移り変わりにも関心を寄せていました。

ゾーンごとに採取した草花の名前を調べ調査したところ、昨年の6月に比べ14種類も多い、42種類の草花が採取できました。