サービス移行案内 特設ページはこちら

お知らせ

第7回南丹市消防団操法大会 4年ぶりの開催 訓練の成果を競う

7月24日、日吉胡麻総合運動広場で、第7回南丹市消防団操法大会が行われました。

この大会は、火災消化を想定した一連の動作と消防操法技術を競うもので、2年に一度開かれてきましたが、コロナの影響で今回は4年ぶりの開催となりました。

小型ポンプ操法の部には園部支団から3チームが出場し、きびきびとした動きで、訓練の成果を存分に発揮しました。

火点となる的を目がけて放水し、操作開始から的が倒れるまでの時間や規律、操作の正確さなどが評価されます。

審査の結果、園部支団第3分団が優勝しました。小型ポンプ操法で優勝した園部支団第3分団と、ポンプ車操法の部に出場した八木支団第1分団は、8月28日に開催される京都府大会に、南丹市代表として出場します。